福岡市博多区に住むケンジと言います。よろしくお願いしますね。
いきなりですが、僕は包茎です。

年齢は27歳なので、最近は本気で包茎をどうにかしようと思っています。
で、なかなか包茎のことって、他人に聞けないので、ブログに書いてみようと思ったのです。
で、包茎手術って、基本クリニックがやっていて美容外科ですよね。
いろいろと情報収集していると、包茎の治療としてて包茎手術を必要とするケースって、意外と少ないようです。
というのは日本の成人男性の30~40%は、亀頭が露出している「露茎」というタイプで、これは包茎手術は不要です。

で、残りの60~70%の人は、通常は亀頭に包皮がかぶっているけど、自分で包皮をむくことが可能な「仮性包茎」なんだそうです。

見た目は包茎だけど、仮性包茎って、医学的な見地から言えば、正常な状態だそうですね。なので、仮性包茎の場合は、包茎手術は必要ないんだそうです。

ただ、美容外科とかでは、仮性包茎の手術も勧めているんですよね。それに、あとは本人の心的な要因もかかわってきますよね。仮性とは言え、包茎は包茎だしね。

あと、完全に包茎手術が必要とされるのは、包皮の先端が、狭くて自力でむくことが困難な、いわゆる「真正包茎」の場合です。

成人男性で真正包茎って、1~2%とかって言われています。よくわからなんけど。

包茎って、あくまでも個人の気持ちの問題だし、僕は僕で、仮性だろうと真性だろうと、包茎ってことのコンプレックスから解放されたいっていうのはあると思います。

僕がそうですからね。

それに、この間、たまたま福岡の天神で飲んでいて、包茎の話になったんです。そうしたら、シニア世代の人、50代ですよ!そういう年代の人でも、熟年離婚をした機会に包茎手術をして、もうひと花咲かせたいと考えている人がいるっていうんですから。驚きました。

というのは、最近は、包茎手術も傷跡が目立たないから、ある程度の年齢になってからでも、包茎手術を受けても恥ずかしくない時代になっているんだそうです。

東京ノーストクリニックっていう包茎手術のクリニックでは、シニアの優待制度っていうのがあるみたいですよ。

包茎手術って、顕微鏡を使って手作業で細かい作業をしていくものなんだそうですので、今は包茎手術の技術もレベルが高くなっているようです。

やはり、包茎手術を早くした方がいいのかなって、内心焦ってしまいましたよ(^_^;)