美容外科クリニックで行われる包茎手術と泌尿器科で行われる包茎手術

包茎手術について、美容外科クリニックで行われる包茎手術と泌尿器科で行われる包茎手術について、考えてみました。知り合いに泌尿器科の医者がいるので、聞いてみました。

ABCクリニックとか上野クリニックとかが有名ですが、そういう美容外科クリニックで行われる包茎手術は、大きな意味では「環状切除術」という術式にはなるのですが、これは泌尿器科で行われる包茎手術とは違うようです。ちなみに、包茎手術を行うのは形成外科じゃなくて、泌尿器科です。というのは機能性が問われる部分ですし、尿道やほかのアノマリーに対する対応が不可欠になってくるからだそうです。なので、包茎手術について、の専門は泌尿器科が行うそうです。

泌尿器科で行われる包茎手術は、美容外科クリニックで行われる手術とは違います。

で、美容外科クリニックの包茎手術は、いわゆる亀頭直下法というもので、あくまでも見た目の良さを重視するための術式です。

包茎手術に関しては、どうしても見た目を気にしますが、これはあくまでも個人差の問題です。どの程度まで気にするかということになりますからね。

泌尿器科での包茎手術は、保険診療で行う範囲ですから、重要とされるのは機能面で支障がないように包茎手術するだけです。

なので、見た目の良さは、二の次です。医師によっては、手術前に、私の役目は、病気扱いになる真性包茎を仮性包茎にしてあげることですよ、それが保険診療の目的ですからねと言う方もいるそうです。

ということで、医療系はあくまでも、病気扱いの真性包茎を治すことが目的だそうです。なので、、どうしても見た目に拘るのなら、いや気にするのなら、美容系の包茎手術クリニックに行くといいと言ってました。

まぁ、やはり、保険適用での泌尿器科での包茎手術は、術後に手術跡がわかるそうですね。美容系のクリニックは、保険適用ではないので、金額は高いけど、仕上がりはたしかにきれいだそうですよ。
ということで、そこは個人の判断に任せるしか無いのです。

まあ、泌尿器科でよく行われてる包茎手術、作図法というのは、まずは包茎を治すということだけを考慮した手術です。だから、術後は包茎手術を受けたことが、簡単に分かってしまうデメリットはあるんだそうです。

最終的には、クリニックにしろ、医療機関にしろ、どういった包茎手術をするのか、料金は適切なのか、といたことを実際にカウンセリングか診療してもらいあ、話を聞いて比較するのが賢明だと思います。