切らない包茎治療で悩みを解消できた

包茎で悩んでいたのですが、手術を受けるとなると、メスを使用するので万一のことが起こったらと思うと不安があるので、気にはなっていたのですが、前向きに包茎手術を検討することができずにいました。

そんなとき、インターネットで切らない 包茎治療があることを知りました。
しかし、切らない包茎手術には条件があり、仮性包茎で余ってる包皮が少ない程度が軽い包茎の人しか受けることができない、と書いてあったので、自分の場合はどうなのかまずは状態を診てもらいたいと思い、美容クリニックにカウンセリングの予約をしました。

美容クリニックに行くことに抵抗があったのですが、医師がとても丁寧に診察をし、包茎手術について詳しく説明してくれたので、恥ずかしさはなくなりました。
診察の結果、私は切らない包茎手術を受けることができる条件に適してしたので、手術を受けることに決めました。
美容クリニックは保険が適用されませんが、少しでも早く包茎を改善したかったので、費用はかかっても手術を受けることにしました。

切らない包茎手術にはいくつかの方法があります。
私が受けた手術は、亀頭増大という手術でした。
この手術は、亀頭のカリの部分にアクアミド、バイオアルカミドなどを注入するという手術方法です。
これらを注入することで亀頭のカリの部分が高くなり、、皮が被りにくくなることで包茎を改善できるということでした。

注入するだけなので、施術はすぐに完了し、痛みなどを感じることもありませんでした。
包茎を手軽に改善することができて良かったです。

高校生の頃からのコンプレックスを包茎手術で解決できた

中学3年生になると修学旅行に行きますが、修学旅行では友達同士とお風呂に入れると言う楽しみが有りました。
また、男同士と言う事もあり、男のシンボルを隠す事無く堂々と歩く男子も居たのですが、自信を持つ男子は、亀頭部分が露出をしており、それを羨ましく感じていました。

その後、高校3年の時にも修学旅行が有りますが、高校生ともなると発育も良く、男性のシンボルも立派と言う男子も多くいました。
その中で、自分は仮性包茎と言う事も有り、自信を持てず、前をタオルで隠すありさまでした。
高校の頃から仮性包茎に対するコンプレックスを持っており、何度となく皮を剥いて鬼頭部分を露出してみたのですが、皮を剥こうとすると痛みが生じてしまってできませんでした。
高校を卒業した後も、このコンプレックスは続いており、
有る日インターネットを利用していた時、仮性包茎などの包茎手術を受けることが出来る病院を見つけたのです。→「包茎手術 福岡

選んだのはabcクリニックです。この病院は数多くの包茎手術を手掛けている所で、包茎手術を受けた人のクチコミがホームページの中に掲載されていました。
どのクチコミも、この病院で包茎手術を受けた男性ばかりであり、手術を受けることでの自分への自信を感じている人が多く、自分もこの病院で包茎手術を受けることに決めたのです。

手術は短時間が終わり、翌日からシャワーを浴びても良いと言われました。
今では、高校生の時の修学旅行での恥ずかしい気持ちはどこへやら、自分に自信を持つことが出来るようになったのです。